FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問22】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.22

相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第22問の資料

1.(ア)500 (イ)240 (ウ)40
2.(ア)400 (イ)240 (ウ)50
3.(ア)500 (イ)330 (ウ)40
4.(ア)400 (イ)330 (ウ)50

4が適切

(ア)400 (イ)330 (ウ)50が適切です。

小規模宅地等の評価減の限度面積と減額割合

限度面積 減額割合
特定事業用宅地等 400㎡ 80%
貸付事業用宅地等 200㎡ 50%
特定居住用宅地等 330㎡ 80%

問23へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072