FP2級【日本FP協会実技】2021年9月【問20】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.20

下記の相続事例(2021年7月10日相続開始)における相続税の課税価格の合計額を計算しなさい。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2021年9月実施FP2級実技試験第20問の資料

5,200万円が適切

相続税の課税価格の計算式は下記です。

相続財産-債務控除

資料の中で死亡保険金のみ非課税限度枠があります。

500万円×法定相続人の数

よって死亡保険金の課税価格は『3,000万円-(500円×3人)』=1,500万円となります。

その他をまとめると下記になります。

土地 1,200万円
建物 800万円
現預金 2,000万円
死亡保険金 1,500万円

また債務および葬式費用は債務控除の対象なので、相続税の課税価格から控除されます。

よって今回の相続税の課税価格は下記になります。

1,200万円+800万円+2,000万円+1,500万円-300万円=5,200万円

一度休憩しましょう。

休憩中

では続きです。

問21へ

FP2級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072