FP2級【日本FP協会実技】2021年9月【問32】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.32

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験第32問の資料

哲也さんは、相次ぐ地震報道を受けて地震保険に関心を持った。下記<資料>を基に計算した哲也さんの自宅に係る年間の地震保険料を計算しなさい。なお、哲也さんの自宅は埼玉県にあるイ構造のマンションで、火災保険の保険金額は1,000万円であり、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額で、2021年10月に契約し、建築年割引10%が適用されるものとする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2021年9月実施FP2級実技試験第32問の資料②

9,180円が適切

今回のポイントは下記です。

  1. 火災保険金額は1,000万円
  2. 地震保険金額は火災保険の50%相当額
  3. 自宅は埼玉県のイ構造のマンション
  4. 建築割引10%適用あり

地震保険は火災保険の50%相当額なので500万円です。

資料より埼玉県のイ構造のマンションと分かるので、1年間の地震保険料は100万円あたり2,040円です。

500万円は5倍に相当するので『2,040円×5=10,200円』が通常の保険料です。

さらに10%の建築割引があるので、今回の地震保険料は下記になります。

10,200円×(1-0.1)=9,180円

問33へ

FP2級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072