FP2級【日本FP協会実技】2021年9月【問21】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.21

近藤栄子さん(59歳)は、2021年9月に夫から居住用不動産(財産評価額2,450万円)の贈与を受けた。栄子さんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2021年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2021年においては、このほかに栄子さんが受けた贈与はないものとする。また、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。

2021年9月実施FP2級実技試験第21問の資料
  1.  41万円
  2.  43万円
  3.  70万円
  4.  920万円

2が適切

43万円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 贈与税の配偶者控除
  2. 贈与税額の計算

順に見ていきましょう。


1の説明

  • 贈与税の配偶者控除

配偶者が居住用不動産の贈与を受けた場合の控除額は下記です。

  1. 2,000万円
  2. その他に110万円の基礎控除も受けられる。

贈与財産の評価額は2,450万円なので、基礎控除後の計算式は下記になります。

2,450万円-(2,000万円+110万円)=340万円


2の説明

  • 贈与税額の計算

配偶者は直系尊属ではないため資料(ロ)を使います。

よって贈与税額の計算式は下記になります。

340万円×0.2-25万円=43万円

問22へ

FP2級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072