FP2級【学科】2021年5月【問21】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.21

景気動向指数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。
  2. 景気動向指数に採用されている指標は、先行指数が11系列、一致指数が10系列、遅行指数が9系列の合計30系列となっている。
  3. コンポジット・インデックス(CI)は、採用系列の各月の値を3ヵ月前と比べた変化の方向を合成して作成した指数であり、景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いの測定を主な目的としている。
  4. 景気転換点の判定には、一致指数を構成する個別指標ごとに統計的手法を用いて山と谷を設定し、谷から山に向かう局面にある指標の割合を算出したヒストリカル・ディフュージョン・インデックス(DI)が用いられている。

3が不適切

1の解説

  • 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。

適切です。

おもな経済指標一覧

指標 発表機関 発表時期 内容
国内総生産(GDP) 内閣府 2.5.8.11月(1次速報) 国内で生産された物・サービス等の付加価値の総額
景気動向指数 内閣府 毎月 生産や雇用などの景気に敏感な指標を統合したもの(CI、DIがある)
日銀短観 日銀 3.6.9.12月 企業の売上高や収益、設備投資額などを調査し金融政策に利用している
企業物価指数 日銀 毎月 企業間取引の商品の価格
消費者物価指数 総務省 毎月 一般の商品やサービスの価格
マネーストック 日銀 毎月 世の中に出回っているお金の総量

2の解説

  • 景気動向指数に採用されている指標は、先行指数が11系列、一致指数が10系列、遅行指数が9系列の合計30系列となっている。

適切です。

景気動向指数の主な採用系列

先行系列

  • 新規求人数
  • マネーストック
  • 消費者態度指数

一致系列

  • 有効求人倍率
  • 生産指数(鉱工業)
  • 輸出数量指数

遅行系列

  • 完全失業率
  • 消費者物価指数(生鮮品を除く総合)
  • 法人税収入

3の解説

  • コンポジット・インデックス(CI)は、採用系列の各月の値を3ヵ月前と比べた変化の方向を合成して作成した指数であり、景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いの測定を主な目的としている。

不適切です。

本設問はDIの説明です。

michi
michi

CIは景気変動の大きさやテンポ(量感)を把握することを目的とした指標です。

もうちょっと分かりやすく言うと下記のような違いです。

  • DI→良いのか悪いのかだけの判断
  • CI→『どれくらい』良いのか悪いのかの具体的な数値

4の解説

  • 景気転換点の判定には、一致指数を構成する個別指標ごとに統計的手法を用いて山と谷を設定し、谷から山に向かう局面にある指標の割合を算出したヒストリカル・ディフュージョン・インデックス(DI)が用いられている。

適切です。

問22へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001