FP2級【学科】2021年5月【問9】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.9

奨学金および教育ローンに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本学生支援機構の給付奨学金を申し込む者は、一定の基準を満たせば、併せて貸与型の第一種奨学金および第二種奨学金を申し込むこともできる。
  2. 日本学生支援機構の貸与奨学金の返還が困難となった場合、毎月の返還額を減額して返還期間の延長を申請することができる。
  3. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の申込人は、学生等の保護者に限られる。
  4. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の資金使途には、入学金・授業料等の学校納付金や教材費だけではなく、自宅外から通学する学生等の住居費用等も含まれる。

3が不適切

1の解説

  • 日本学生支援機構の給付奨学金を申し込む者は、一定の基準を満たせば、併せて貸与型の第一種奨学金および第二種奨学金を申し込むこともできる。

適切です。

日本学生支援機構では国内では下記の貸与型奨学金があります。

  • 第一種奨学金(無利子で借りる)
  • 第二種奨学金(有利子で借りる)
  • 第一種・第二種併用貸与の奨学金
  • 入学時特別増額貸与奨学金

2の解説

  • 日本学生支援機構の貸与奨学金の返還が困難となった場合、毎月の返還額を減額して返還期間の延長を申請することができる。

適切です。

日本学生支援機構の奨学金において返還が難しくなった場合

制度の種類 内容
減額返還制度 一定期間返還金額を減額し、その分期間を延長する。
返還期限猶予 一定期間返還を猶予する。
返還免除 返還の免除をする。死亡、精神もしくは身体の障害により返還ができなくなったときのみ利用可能。

3の解説

  • 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の申込人は、学生等の保護者に限られる。

不適切です。

基本的には保護者ですが6親等内の血族、配偶者および3親等以内の姻族も申込人になることができます。

教育一般貸付とは

融資限度額 1人に月350万円(海外留学などは450万円)
貸付対象者 おもに学生、生徒の保護者※親族も可能
申し込み時期 いつでも可能
資金の受け取り方 一括
返済期間 最長15年
返済開始 借入日の翌月または翌々月の返済希望日
金利 固定
対象 学費、受験費用、住居費用、教科書、定期代

 

パソコン購入費、学生の国民年金保険料など


4の解説

  • 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の資金使途には、入学金・授業料等の学校納付金や教材費だけではなく、自宅外から通学する学生等の住居費用等も含まれる。

適切です。

問10へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001