FP2級【学科】2021年5月【問16】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.16

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 交通事故傷害保険では、海外旅行中に遭遇した交通事故によるケガは補償の対象となる。
  2. 海外旅行傷害保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象となる。
  3. 国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象となる。
  4. 家族傷害保険では、保険期間中に被保険者本人に生まれた子を被保険者とするためには、追加保険料を支払う必要がある。

4が不適切

1の解説

  • 交通事故傷害保険では、海外旅行中に遭遇した交通事故によるケガは補償の対象となる。

適切です。

国内外問わず補償されます。

michi
michi

交通事故傷害保険とはその名のとおり交通事故に特化した保険です。保険範囲が狭い分普通傷害保険よりも保険料が割安です。また商品により個人賠償責任特約も付けられます。


2の解説

  • 海外旅行傷害保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象となる。

適切です。

傷害保険

  ケガ 病気 細菌性食中毒 地震・噴火・津波
普通傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険

〇・・・対象

✖・・・対象外

△・・・特約で対象

michi
michi

傷害保険の問題はFP3級に引き続き、2級でも出題率が高いのでしっかり覚えましょう!


3の解説

  • 国内旅行傷害保険では、国内旅行中にかかった細菌性食中毒は補償の対象となる。

適切です。

  ケガ 病気 細菌性食中毒 地震・噴火・津波
普通傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険

〇・・・対象

✖・・・対象外

△・・・特約で対象


4の解説

  • 家族傷害保険では、保険期間中に被保険者本人に生まれた子を被保険者とするためには、追加保険料を支払う必要がある。

不適切です。

家族傷害保険の範囲は下記です。

家族傷害保険

本人

本人の配偶者

本人、配偶者の同居の親族

本人、配偶者の別居の未婚の子

普通傷害保険 本人

問17へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001