FP2級【学科】2021年5月【問25】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.25

株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  2. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式のうち、時価総額やROEといった指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。
  3. 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場している不動産投資信託のうち、時価総額上位10銘柄を対象として算出される。
  4. S&P500種株価指数は、ロンドン証券取引所に上場している代表的な銘柄のうち、時価総額上位500銘柄を対象として算出される。

2が適切

1の解説

  • 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。

不適切です。

設問は東証株価指数(TOPIX)の説明です。

おもな株価の指数

  所属部 銘柄数
東証株価指数(TOPIX) 東証一部 全銘柄
日経平均株価 東証一部 代表的な225銘柄
JPX日経インデックス400 東証全体 要件を満たしている400銘柄

2の解説

  • JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式のうち、時価総額やROEといった指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。

適切です。


3の解説

  • 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場している不動産投資信託のうち、時価総額上位10銘柄を対象として算出される。

不適切です。

東証REIT指数は東証に上場するREIT全銘柄を対象としています。


4の解説

  • S&P500種株価指数は、ロンドン証券取引所に上場している代表的な銘柄のうち、時価総額上位500銘柄を対象として算出される。

不適切です。

ロンドン証券取引所ではなく、ニューヨーク証券取引所です。

世界のおもな証券取引所

アジア 香港ハンセン指数、上海深センCSI300指数
アメリカ ナスダック、ダウ、S&P500
ヨーロッパ ユーロ・ストックス50、FTSE100指数、ドイツDAX指数

問26へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001