FP2級【学科】2021年5月【問57】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.57

小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例に関する次の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、宅地等の適用面積の調整は考慮しないものとする。

  1. (ア)50% (イ)330㎡ (ウ)400㎡ (エ)50%
  2. (ア)50% (イ)400㎡ (ウ)200㎡ (エ)80%
  3. (ア)80% (イ)330㎡ (ウ)400㎡ (エ)50%
  4. (ア)80% (イ)400㎡ (ウ)200㎡ (エ)80%

3が適切

小規模宅地等の評価減の限度面積と減額割合

  限度面積 減額割合
特定事業用宅地等 400㎡ (ア)80%
特定居住用宅地等 (イ)330㎡ 80%
特定同族会社事業用宅地等 (ウ)400㎡ 80%
貸付事業用宅地等 200㎡ (エ)50%
michi
michi

実技の計算問題で頻出するのでしっかり覚えましょう!

問58へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001