FP2級【学科】2021年5月【問22】

本記事の内容
『2021年5月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.22

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 当座預金などの決済用預金は、預け入れている金融機関が破綻した場合、元本1,000万円およびその破綻日までの利息の額を限度として、預金保険制度により保護される。
  2. スーパー定期預金は、市場金利を基準として、各金融機関が預金金利を設定する。
  3. 期日指定定期預金は、据置期間経過後から最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。
  4. 貯蓄預金は、公共料金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができない。

1が不適切

1の解説

  • 当座預金などの決済用預金は、預け入れている金融機関が破綻した場合、元本1,000万円およびその破綻日までの利息の額を限度として、預金保険制度により保護される。

不適切です。

当座預金等の決済用預金は全額保護の対象です。

預金保険制度とは

全額保護されるもの(決済用預金)

  • 当座預金
  • 利息の付かない普通預金

合算して1,000万円+利息等が保護されるもの(一般預金等)

  • 普通預金
  • 貯蓄預金
  • 納税準備預金
  • 通知預金
  • 定期預金(大口含む)
  • 仕組預金(円建て)
  • 掛金
  • 定期積金
  • 元本補填契約のある金銭信託
  • 保護預かり専用の金融債

預金保護されないもの

  • 外貨預金
  • 譲渡性預金
  • 元本補填契約の無い金融債
  • 投資信託

2の解説

  • スーパー定期預金は、市場金利を基準として、各金融機関が預金金利を設定する。

適切です。

定期預金の金利は各金融機関が任意で設定しています。

定期預金とは

  預入金額300万円未満 預入金額300万円以上 預入金額1,000万円以上
固定金利定期預金 スーパー定期 スーパー定期300 大口定期預金
変動金利定期預金 変動金利定期預金 変動金利定期300 変動金利定期1000
michi
michi

スーパー定期という名前から何かすごい定期預金商品があるのではないか?という印象を受けますが、要するにただの一般的な定期預金のことをスーパー定期というだけです。


3の解説

  • 期日指定定期預金は、据置期間経過後から最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

適切です。

期日指定定期預金とは

  満期日を決めるタイミング 備考
一般的な定期預金 預入前  
期日指定定期預金 預入後 1年間の据え置き期間がある
michi
michi

要するに1年間預けた後に満期日を設定する定期預金のことです。


4の解説

  • 貯蓄預金は、公共料金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができない。

適切です。

貯蓄預金とは

メリット
デメリット
  • 銀行が定めた基準残高以上であれば普通預金より金利が高い
  • お金の出し入れは自由
  • 法人は利用できない
  • 自動支払い、自動受け取り口座としては利用できない
michi
michi

まさに貯蓄専用の口座といったところですね。

問23へ

FP2級試験(学科)2021年5月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001