FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問4】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.4

安西さんと加瀬さんは、下記<資料>のとおり、KR株式会社の株式(以下「KR株式」という)を2020年3月から2020年7月において毎月10日(休業日の場合、翌営業日)に購入した。安西さんと加瀬さんのKR株式の取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、このほかにKR株式の取引はないものとし、手数料および税金は考慮しないものとする。また、購入株数は正しいものとする。

・ 安西さんは株式累積投資制度で購入した。
・ 加瀬さんは購入の都度、単元未満株投資制度で購入した。
・ KR株式は東京証券取引所に上場されている。
・ KR株式会社の本決算は3月末日である。
・ KR株式の2020年3月期の期末株主配当金は、1株当たり80円であった。

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第4問の資料

1.安西さんは、2020年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。
2.安西さんの平均購入単価は、加瀬さんの平均購入単価よりも低くなっている。
3.加瀬さんは、2020年3月期の期末株主配当金として、320円(税引前)を受け取ることができる。
4.加瀬さんは、保有株式数が単元株数以上になるまで売却できない。

4が不適切

1の補足

設問の通りです。

累投は売買単位(100株)になると議決権をもつことができますが、資料では20株程度なのでまだ持てません。

2の補足

設問の通りです。

平均購入単価は下記で求められます。

 

  • 購入金額の合計÷購入株数の合計

 

よって

  • 安西さん→50,000÷(4.424779+3.759398+3.378378+3.906250+4.854369)≒2,460
  • 加瀬さん→50,000÷(9,040+10,640+11,840+10,240+8,240)=2,500

上記になり設問のとおり、安西さんの方が平均購入単価が低いです。

余談ですが資料の株数が小数点ではなく、なぜかコンマに見えてしばらく意味が分かりませんでした(笑)

michi

3の補足

設問の通りです。

資料より1株当たり80円の配当金と書いてあります。

80円×4株=320円の配当金を受け取れます。

4の補足

不適切です。

単元未満株投資制度とはいわゆるミニ株のことでして、いつでも売却可能です。

問5へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072