FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問26】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.26

先に下記の資料をご覧ください。(Q26.27.28で使います)

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第26問の資料

広尾さんは、老後の旅行用資金として、毎年年末に100万円を受け取りたいと考えている。受取期間を15年間とし、年利1.0%で複利運用をした場合、受取り開始年の初めにいくらの資金があればよいか。

13,865,000(円)

本設問のポイントは3つです。

  1. 使用する係数は年金現価係数
  2. 受取期間は15年間
  3. 係数が分からなくてもオッケー

 

【ポイント1】

広尾さんは老後の旅行用の資金を毎年受け取りながら(年金)複利運用したいです。

そのための資金として現在いくら必要なのかを知りたいので、年金現価係数を使います。

 

【毎年受け取る】みたいなのが出たら下記のどちらかです。

  • 将来受け取る金額を求めるなら→資本回収係数
  • 現在いくら必要かを求めるなら→年金現価係数

 

【ポイント2】

設問より受取期間が15年と分かるので、係数表の15年、年金現価係数の欄を当てはめます。

よって100万円×13.865=13,865,000円が答えとなります。

 

【ポイント3】

この手の計算問題は係数の意味が分からなくても正答できます。

 

今回の設問は下記が重要です。

  1. 15年間毎年100万円受け取る
  2. 複利運用する

 

つまり1から1,500万円という目安が付きます。

 

これを15年の係数表に当てはめると2つに絞られます。

 

  • 年金終価係数→16,097,000円
  • 年金現価係数→13,865,000円

 

そして2で複利運用するとあるので、1,500万円よりはチョット下だなというところも分かります。

 

仮に年金終価係数だと、複利運用しなくても目標金額を達成してしまうからです。

 

つまり残った年金現価係数が正しいと分かります。

 

キーワード『まとまったお金』
  1. 現価係数→現在いくら必要か?(げんざい)
  2. 終価係数→将来いくらになるか?(しょうらい)
キーワード『積立』
  1. 減債基金係数→毎年の積立額はいくらか?(げんざい)
  2. 年金終価係数→積み立て後の金額はいくらか?(しょうらい)
キーワード『年金』『返済』
  1. 年金現価係数→現在いくらの元本が必要か?(げんざい)
  2. 資本回収係数→将来いくら受け取れるか?(しょうらい)

1は現在を聞いていて、2は将来を聞いています。

ちなみに1は『』2は『』が名前についているのでそれで覚えてました(笑)

michi

問27へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072