FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問37】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.37

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第37問の資料

下記<資料>は、公一さんおよび青山商店のPT銀行(日本国内に本店のある普通銀行)における金融資産残高である。この時点でPT銀行が破綻した場合、公一さんがPT銀行に保有している<資料>の金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額の上限額として、正しいものはどれか。なお、預金利息については考慮しないこと。また、公一さんおよび青山商店は、PT銀行からの借入れはない。

<資料>

[名義:青山公一]
普通預金:110万円(決済用預金ではない)
定期預金:340万円
外貨預金:220万円

[名義:青山商店 青山公一]
当座預金:120万円
定期預金:500万円

1. 1,000万円
2. 1,070万円
3. 1,120万円
4. 1,290万円

2が適切

答えは下記になります。

  • 当座預金120万円
  • 普通預金110万円
  • 定期預金340万円+500万円

 

本設問のポイントは下記3つです。

  1. 同一金融機関で別名義の場合
  2. 保護の対象
  3. じっさいの計算

それでは見ていきましょう。

 

【ポイント1】

同一金融機関で別名義の口座を持っていた場合、『名寄せ』と呼ばれるもので1つにまとめられてしまいます。

 

よって本設問でいうと1つの名義として扱われるということになります。

 

【ポイント2】

預金保険の保護対象はかなり細かいので、全部覚えられない場合は下記に絞りましょう。

全額保護 決済用預金(当座預金)
1,000万円まで保護 普通預金、定期預金
保護されない 外貨預金

 

【ポイント3】

よって本設問の計算は下記になります。

全額保護
  • 当座預金120万円
1,000万円まで保護
  • 普通預金110万円
  • 定期預金340万円+500万円

今回は1,000万円超えてはいないのですべて保護されます。

michi

 

よって保護される金額は120万円+(110万円+340万円+500万円)=1,070万円となります。

預金保護されるもの

全額(決済用預金)

  • 当座預金
  • 利息の付かない普通預金

合算して1,000万円+利息(一般預金)

  • 普通預金
  • 貯蓄預金
  • 納税準備預金
  • 通知預金
  • 定期預金(大口含む)
  • 掛金
  • 定期積金
  • 元本補填契約のある金銭信託
  • 保護預かり専用の金融債
預金保護されないもの
  • 外貨預金
  • 譲渡性預金
  • 元本補填契約の無い金融債

問38へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072