FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問31】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.31

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第31問の資料

FPの山根さんは、個人に対する所得税の仕組みについて翔太さんから質問を受けた。山根さんが下記<イメージ図>を使用して行った所得税に関する次の(ア)~(エ)の説明のうち、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第31問の資料②

(ア)「翔太さんが収入保障保険の保険料を支払ったことにより受けられる生命保険料控除は、所得控除として、一定金額を所得金額から差し引くことができます。」
(イ)「翔太さんが結衣さんの医療費を支払ったことにより受けられる医療費控除は、所得控除として、一定金額を所得金額から差し引くことができます。」
(ウ)「翔太さんが住宅ローンを組んでマンションを購入したことにより受けられる住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、税額控除として、一定金額を所得税額から差し引くことができます。」
(エ)「翔太さんがふるさと納税をしたことにより受けられる寄附金控除は、税額控除として、一定金額を所得税額から差し引くことができます。」

(ア)→〇

(イ)→〇

(ウ)→〇

(エ)→✖

(ア)の補足

設問の通りです。

 

収入保障保険の保険料は一般生命保険料控除の対象です。

一般生命保険料控除のおもな対象

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
(イ)の補足

設問の通りです。

 

ちなみに医療費控除の計算式は下記です。

医療費控除=年中に支払った医療費-保険金などで補填される金額-10万円または所得金額の5%(少ない方)

控除額の最高は200万円となっています。

(ウ)の補足

設問の通りです。

住宅ローン控除は一定額を所得税額から差し引くことができます。

 

住宅借入金等特別控除の主要な要件

  • 控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下
  • 住宅取得の被から6か月以内に入居し、適用を受ける年の12月31日まで居住していること
  • 返済期間10年以上の金融機関等からの住宅ローンであること
  • 床面積50㎡以上かつ、1/2が居住用であること
(エ)の補足

不適切です。

 

ふるさと納税は寄付金控除の枠なので税額控除ではなく、所得控除の対象です。

  • 寄付金控除→所得控除
  • 寄付金特別控除→税額控除

 

控除するタイミングが違います。ちなみに特別控除は政治献金とかがあたりますね。

政治献金が寄付とかツッコミどころ満載ですが(笑)

michi

問32へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072