FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問21】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.21

阿久津太郎さん(38歳)は、父(70歳)と叔母(68歳)から下記<資料>の贈与を受けた。太郎さんの2020年分の贈与税額を計算しなさい。なお、父からの贈与については、2019年から相続時精算課税制度の適用を受けている。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第21問の資料

2,510,000円が適切

今回のポイントは下記です。

 

  1. 相続時精算課税制度の概要
  2. 暦年贈与においての贈与税

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

今回相続時精算課税制度を利用する父からの贈与は下記です。

 

2019年分 2,000万円
2020年分 1,000万円

 

相続時精算課税制度の要件は下記です。

要件
税務署への届け出 贈与年の翌年2月1日から3月15日まで
贈与者 贈与年の1月1日時点で60歳以上の父母、祖父母であること
受贈者 贈与年の1月1日時点で20歳以上の推定相続人である子、孫であること
対象 贈与者1人につき2,500万円まで非課税、超えた分は一律20%の税率

 

よって計算式は下記になります。

 

  1. 2,500万円-2,000万円=500万円(2019年分)
  2. 500万円-1,000万円=-500万円(2020年分)

 

この-500万円が相続時精算課税制度で控除できなかった分です。

 

よって控除できなかった500万円に対して一律20%の税率がかかります。

 

500万円×20%=100万円が父から贈与された分の贈与税です。

 

【ポイント2】

叔母からは通常の贈与なので暦年贈与での控除を受けられます。

 

基礎控除の額は110万円なので控除後の課税価格は下記になります。

 

800万円-110万円=690万円

 

資料(イ)(ロ)のうち叔母は直系尊属ではないので(ロ)の速算表を使います。

 

690万円×40%-125万円=151万円が叔母からの贈与による贈与税となります。

 

合計して100万円+151万円=251万円(2,510,000円)が本設問の答えです。

問22へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072