FP3級【学科】2021年9月【問22】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.22

借地借家法上、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)を締結するためには、建物の賃貸人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、建物の賃貸借は契約の更新がなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。

①正しい

適切です。

定期借家権契約は公正証書等の書面で契約しなければならず、なおかつ賃貸借契約の更新はありません。

michi
michi

公正証書『等』なのでただの書面でもオッケーです。


定期借家権

契約期間 制限なし
契約の更新 なし。再契約したい場合は改めて契約し直す
契約方法 公正証書等の書面

問23へ

FP3級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001