FP3級【学科】2021年9月【問44】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.44

オプション取引において、特定の商品を将来の一定期日にあらかじめ決められた価格で買う権利のことを( ① )・オプションといい、他の条件が同じであれば、一般に、満期までの残存期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は( ② )なる。

  1. ① コール ② 高く
  2. ① コール ② 低く
  3. ① プット ② 低く

1が適切

  • オプション取引において、特定の商品を将来の一定期日にあらかじめ決められた価格で買う権利のことを( コール )・オプションといい、他の条件が同じであれば、一般に、満期までの残存期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は( 高く )なる。

オプション取引とは

コールオプション 買う権利
プットオプション 売り権利

オプション取引の特徴

  • オプションは有料
  • あらかじめ定められた期日までに取引する
  • あらかじめ決められた価格で取引する
  • 満期までの残存期間が長いほどオプション料が高い
  • 権利を放棄することができる
  • オプション料は返ってこない
michi
michi

オプションを利用することで、将来の値段のブレに影響されず取引することができます。

問45へ

FP3級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001