FP3級【学科】2021年9月【問41】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.41

追加型株式投資信託を基準価額1万500円(1万口当たり)で1万口購入した後、最初の決算時に1万口当たり700円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万200円(1万口当たり)となった場合、その収益分配金のうち、普通分配金は( ① )であり、元本払戻金(特別分配金)は( ② )である。

  1. ① 300円 ② 400円
  2. ① 400円 ② 300円
  3. ① 500円 ② 200円

2が適切

  • 追加型株式投資信託を基準価額1万500円(1万口当たり)で1万口購入した後、最初の決算時に1万口当たり700円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万200円(1万口当たり)となった場合、その収益分配金のうち、普通分配金は( 400円 )であり、元本払戻金(特別分配金)は( 300円 )である。

前提として下記の知識が必要です。

分配前の基準価格 分配金を支払う前の基準価格
基準価格(個別元本) 投資信託を買ったときの価格
分配落ち後の基準価格 分配金を払った時の基準価格
michi
michi

要するに『分配前の基準価格』と『基準価格』は別物です。

普通分配金と特別分配金の違いは下記です。

分配金の違い
普通分配金→分配落ち後の基準価額が、個別元本と同額もしくは上回ったときの分配金
特別分配金→分配落ち後の基準価額が、個別元本よりも下回ったときの分配金

今回は分配金が700円なので資料をまとめると下記になります。

  分配前の基準価格 個別元本 分配後の基準価格
価格 10,900円 10,500円 10,200円
分配金(700円内訳) 普通分配金400円   特別分配金300円
michi
michi

分かりやすく言うと個別元本より

上の部分が『普通分配金』

下の部分が『特別分配金』

計算方法を説明します。

個別元本と分配落ち後の基準価格は設問より下記と分かります。

  • 個別元本→10,500円
  • 分配落ち後→10,200円

前述したように個別元本を下回った金額は特別分配金です。

計算すると『10,500円-10,200円=300円』が特別分配金となります。

次に今回の分配金の合計は700円です。

よって残りの『700円-300円=400円』が普通分配金と分かります。

問42へ

FP3級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001