FP3級【学科】2021年9月【問50】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.50

所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた年の翌年の( ① )から( ② )までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。

  1. ① 2月1日 ② 3月15日
  2. ① 2月16日 ② 3月15日
  3. ① 2月16日 ② 3月31日

2が適切

  • 所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた年の翌年の( 2月16日 )から( 3月15日 )までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。

税金の申告期限の違い

所得税 翌年の2月16日~3月15日まで
贈与税 翌年の2月1日~3月15日まで
相続税 被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内
michi
michi

所得税と贈与税が似ているので注意しましょう!

問51へ

FP3級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001