FP2級【学科】2021年9月【問23】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.23

株式投資信託の運用手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. マクロ的な環境要因等を基に国別組入比率や業種別組入比率などを決定し、その比率に応じて、個別銘柄を組み入れてポートフォリオを構築する手法を、トップダウン・アプローチという。
  2. ベンチマークを上回る運用実績を上げることを目指す運用スタイルを、アクティブ運用という。
  3. 株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法を、グロース投資という。
  4. 「ブル型」「ベア型」と呼ばれる特殊型の投資信託のうち、「ベア型」は、ベンチマークが下落すると基準価額が上昇するよう設計されている。

3が不適切

1の補足

  • マクロ的な環境要因等を基に国別組入比率や業種別組入比率などを決定し、その比率に応じて、個別銘柄を組み入れてポートフォリオを構築する手法を、トップダウン・アプローチという。

適切です。

資産運用のスタイル

トップダウンアプローチ 経済情勢や金利などのマクロ経済分析により銘柄を決める方法
ボトムアップアプローチ 個別企業の業績を見て銘柄を決める方法
バリュー投資 割安(バリュー)な銘柄に投資する方法
グロース投資 成長性(グロース)のある銘柄に投資する方法
michi
michi

上の部分を見て決める方法と考えるとイメージしやすいです。


2の補足

  • ベンチマークを上回る運用実績を上げることを目指す運用スタイルを、アクティブ運用という。

適切です。

投資信託の運用スタイル

インデックス運用(パッシブ運用) 指標と連動する運用手法
アクティブ運用 ベンチマークを上回る収益を目指す運用手法
michi
michi

パッシブ=受け身、アクティブ=積極です!


3の補足

  • 株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法を、グロース投資という。

不適切です。

設問はバリュー投資の内容です。

michi
michi

グロース=成長、バリュー=割安です。


4の補足

  • 「ブル型」「ベア型」と呼ばれる特殊型の投資信託のうち、「ベア型」は、ベンチマークが下落すると基準価額が上昇するよう設計されている。

適切です。

おもな追加型株式投資信託

種類 内容
インデックスファンド 日経平均株価やTOPIXなどと連動
ブル型ファンド 相場が上昇すれば利益が出る
ベア型ファンド 相場が下落すれば利益が出る
ETF

 

(株価指数連動型上場投資信託)

取引所に上場している。信用取引も可

日経平均株価やTOPIXなどと連動

イメージ的には株と投資信託の中間

不動産投資信託(J-REIT)

取引所に上場している。信用取引も可

不動産に特化

配当控除の適用はなし

michi
michi

ブル=強気、ベア=我慢みたいな意味合いです。

問24へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001