FP2級【学科】2021年9月【問25】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.25

下記<X社のデータ>に基づき算出される投資指標等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

2021年9月実施FP2級学科第25問の資料
  1.  1株当たり当期純利益は、50円である。
  2.  ROE(自己資本当期純利益率)は、20.0%である。
  3.  PBR(株価純資産倍率)は、3.0倍である。
  4.  配当利回りは、10.0%である。

2が適切

1の補足

  • 1株当たり当期純利益は、50円である。

不適切です。当期純利益は100円です。

本設問をPERの計算式から求めていきましょう。

PER=株価÷1株当たりの純利益

分かっている数値を当てはめます。※1株当たりの純利益を『x』とします。

  1.  30=3,000円÷x
  2.  30x=3,000円(それぞれにxを乗じます)
  3.  x=100円(それぞれに30を除します)

2の補足

  • ROE(自己資本当期純利益率)は、20.0%である。

適切です。

ROEの計算式は下記です。

ROE=(税引き後)純利益÷自己資本×100

1で計算したように、1株当たりの純利益が100円なので発行済み株式数を乗じます。

100円×2億株=200億円

よってすべての数値を当てはめると下記になります。

200億円÷1,000億円×100=20.0%

michi
michi

問題が連動しているタイプは珍しいですね。


3の補足

  • PBR(株価純資産倍率)は、3.0倍である。

不適切です。6.0倍が正答です。

PBRの計算式は下記です。

PBR=株価÷1株当たりの純資産

まずは1株当たりの純資産を求めます。

純資産1,000億円、発行株式総数2億なので『1,000億円÷2億=500円』が1株当たりの純資産です。

よってPBRは下記になります。

3,000円÷500円=6.0


4の補足

  • 配当利回りは、10.0%である。

不適切です。1%が正答です。

配当利回りの計算式は下記です。

配当利回り=1株当たりの年間配当金÷株価×100

まずは1株当たりの年間配当金を求めます。

60億円÷2億株=30円

よって配当利回りは下記になります。

30円÷3,000円×100=1%


株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 税引き後純利益÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷税引き後純利益×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの純利益×100

問26へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001