FP3級【学科】2020年1月【問41】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.41

日本銀行の金融政策の1つである( ① )により、日本銀行が金融機関の保有する有価証券の買入を行えば、市中に出回る資金量が( ② )する。

1) ① 預金準備率操作 ② 増加
2) ① 公開市場操作 ② 増加
3) ① 公開市場操作 ② 減少

2が正しい

公開市場操作
  • 日銀が有価証券(債権)を買う→買いオペレーション
  • 日銀が有価証券(債券)を売る→売りオペレーション
預金準備率操作

日銀が金融機関に対して預け入れを義務付けている『預金準備金』の割合を調整することです。

操作することで世の中に出回るお金の量を調整できます。

なんで預金準備金が必要なのかというと、銀行の貸し出しが過剰になって手元の資金が無くなり、払い出しのお金が足りなくなってしまった時に、日銀が不足分の資金を銀行に貸すためです。

michi

問42へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001