FP3級【学科】2020年1月【問36】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.36

保険業法で定められた保険会社の健全性を示す( )は、保険金等の支払余力がどの程度有するかを示す指標であり、この値が200%を下回った場合、監督当局による業務改善命令などの早期是正措置の対象となる。

1) レバレッジ比率
2) ソルベンシー・マージン比率
3) 自己資本比率

2が正しい

レバレッジ比率

企業の健全性を見る指標の一つです。

他人資本(社債、銀行の融資など)÷自己資本×100で求めることができ

  • 100%を下回る→安全
  • 100%を超える→借金が多くて不安定

となります。

自己資本比率

企業の安全性を見る指標の一つです。

純資産÷(負債+純資産)×100で求められます。

業種によって違いますが、だいたい30%くらいあると優良企業と判断されます。

問37へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001