FP3級【学科】2020年1月【問38】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.38

団体を契約者(=保険料負担者)とし、その所属員を被保険者とする1年更新の定期保険であり、福利厚生規程等による保障の支払財源の確保を目的とした保険は、( )である。

1) 団体定期保険(Bグループ保険)
2) 団体信用生命保険
3) 総合福祉団体定期保険

3が正しい

設問の答えは総合福祉団体定期保険です。

団体保険の違い

保険 保険料負担
団体定期保険(Bグループ保険) 従業員
総合福祉団体定期保険 企業

団体信用生命保険とは

金融機関が住宅ローンをとりっぱぐれしないようにするための保険ですね。

名前が他の選択肢と似ていますが、意味合いがゼンゼン違うので注意です。

michi

被保険者 住宅ローンを借りた人
保険金受取人 金融機関

問39へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001