FP3級【学科】2020年1月【問47】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.47

36年間勤務した会社を定年退職した給与所得者の所得税における退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、( )となる。

1) 800万円+70万円×(36年-20年)×1/2 =1,360万円
2) 800万円+40万円×(36年-20年)=1,440万円
3) 800万円+70万円×(36年-20年)=1,920万円

3が正しい

1,920万円が適切です。

退職所得の控除額

勤務年数20年以下 40万円×勤続年数(最低80万円)
勤務年数20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

 

ちなみに2分の1は退職所得を求める時に使います。

(退職金-退職所得控除額)×1/2=退職所得

退職所得控除額と退職所得をごっちゃにしないように気を付けましょう!

michi

問48へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001