FP2級【学科】2020年9月【問22】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.22

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.貯蓄預金は、クレジットカード利用代金などの自動振替口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。
2.当座預金は、公共料金などの自動振替口座として利用することはできるが、株式の配当金の自動受取口座として利用することはできない。
3.為替先物予約を締結していない外貨定期預金の満期時の為替レートが預入時の為替レートに比べて円安になれば、当該外貨定期預金に係る円換算の運用利回りは高くなる。
4.期日指定定期預金は、預金者が預入時に据置期間経過後から最長預入期日までの間で満期日を指定しなければならない。

3が適切

1の補足

貯蓄預金は決済機能がないため自動振替、自動受け取りには使えません。

貯蓄預金はある一定の預金以上であれば、普通預金に比べて金利が高いのがメリットです。

michi

2の補足

当座預金は自動振替、自動受取どちらも対応しています。

当座預金の特徴

  • 利息無し
  • ATMでは利用できない
  • 預金保険全額保護など
3の補足

設問の通りです。

例えば1ドル100円の時に外貨を持って、120円(円安)になれば当然利回りは増えるからです。

4の補足

預入時ではなく、解約の1か月以上前に満期日を通知すればOKです。

問23へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001