FP2級【学科】2020年9月【問57】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.57

子が父から甲土地を使用貸借により借り受け、自己資金で建物を建築し、自己の居住の用に供している。父の相続が開始し、その子が甲土地を相続により取得した場合、相続税の課税価格の計算上、下記の<甲土地の自用地評価額および借地権割合>に基づく甲土地の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。

<甲土地の自用地評価額および借地権割合>

自用地としての相続税評価額:5,000万円
借地権割合:70%

1. 0円
2. 1,500万円
3. 3,500万円
4. 5,000万円

4が適切

使用貸借は自用地あつかいになります。

使用貸借とは
  • 賃貸借→権利金、レンタル料が発生する
  • 使用貸借→タダ

借地権はあくまで権利金の対価による権利なので、タダである使用貸借には借地権はないという考え方です。

宅地の評価方法

利用区分 評価方法
自用地 路線価方式か倍率方式
借地権(普通借地権) 自用地評価額×借地権割合
可視宅地(底地) 自用地評価額×(1-借地権割合)
貸家建付地 自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
貸家建付借地権 自用地評価額×借地権割合×(1-借家権割合×賃貸割合)

問58へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001