FP2級【学科】2020年9月【問26】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.26

金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.元本を交換せずに将来にわたって金利のみを交換する通貨スワップを、クーポンスワップという。
2.将来、現物を取得しようとしている者が先物取引で買いヘッジを行うと、実際に現物の価格が上昇した場合には、現物取引では取得コストが上昇する一方、先物取引では利益が発生するため、現物取引の取得コストの上昇を相殺することができる。
3.プット・オプションの売り手の最大利益は無限定であるが、コール・オプションの売り手の最大利益はプレミアム(オプション料)に限定される。
4.コール・オプションとプット・オプションのいずれも、他の条件が同一であれば、満期までの期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は高くなる。

3が不適切

1の補足

設問の通りです。

スワップの種類

金利スワップ 同じ通貨で異なるタイプの金利のみを交換
通貨スワップ 異なる通貨の金利と元本を交換
為替スワップ 異なる通貨の元本のみを交換
クーポンスワップ 異なる通貨の金利のみを交換
2の補足

設問の通りです。

仮に現物の価格が下落したら、現物の取得コストが下がるの先物のリスクを減らせますよね。

michi

3の補足

どちらの利益も売り手はプレミアムに連動されます。

くわしくはマネックス証券5分で分かるオプション取引(外部リンク)をご覧ください。

4の補足

設問の通りです。

問27へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001