FP2級【学科】2020年9月【問21】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.21

内閣府が公表する景気動向指数に採用されている経済指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財およびサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定した指標であり、そのうち生鮮食品を除く総合指数は、景気動向指数の遅行系列に採用されている。
2.消費者態度指数は、現在の景気動向に対する消費者の意識を調査して数値化した指標であり、景気動向指数の一致系列に採用されている。
3.東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とした株価指標であり、景気動向指数の一致系列に採用されている。
4.有効求人倍率(除学卒)は、月間有効求人数を月間有効求職者数で除して求められる指標であり景気動向指数の遅行系列に採用されている。

1が適切

1の補足

設問の通りです。

2の補足

消費者態度指数は先行系列に採用されています。

3の補足

東証株価指数(TOPIX)は先行系列に採用されています。

4の補足

有効求人倍率は一致系列に採用されています。

景気動向指数の主な採用系列

先行系列

  • 新規求人数
  • マネーストック
  • 消費者態度指数

一致系列

  • 有効求人倍率
  • 生産指数(鉱工業)
  • 輸出数量指数

遅行系列

  • 完全失業率
  • 消費者物価指数(生鮮品を除く総合)
  • 法人税収入

問22へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001