FP2級【学科】2020年9月【問28】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.28

一般NISA(非課税上場株式等管理契約に係る少額投資非課税制度)およびつみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、一般NISAにより投資収益が非課税となる勘定を一般NISA勘定といい、つみたてNISAにより投資収益が非課税となる勘定をつみたてNISA勘定という。

1.2020年に一般NISA勘定を通じて上場株式を購入した場合であっても、2021年に別の金融機関に一般NISA勘定を設定することができる。
2.2021年中に一般NISA勘定を通じて新規購入することができる限度額(非課税枠)は、120万円である。
3.つみたてNISA勘定を通じて購入することができる金融商品は、所定の要件を満たす公募株式投資信託やETF(上場投資信託)であり、長期の積立・分散投資に適した一定の商品性を有するものに限られている。
4.一般NISA勘定やつみたてNISA勘定を通じて購入した公募株式投資信託等に譲渡損失が生じた場合、その損失の金額は、特定口座や一般口座で生じた上場株式等に係る譲渡益の金額と損益の通算をすることができる。

4が不適切

1の補足

設問の通りです。

1口座しか持てないので、前の講座から新しい口座に変更する必要があります。

この問い方だと各年に1口座ずつ増やせる印象も受けますよね。

michi

2の補足

設問の通りです。

一般NISA 120万円
つみたてNISA 40万円
ジュニアNISA 80万円
3の補足

設問の通りです。

つみたてNISAの対象

  • 長期の積立、分散投資に適した公募株式投資信託
  • ETF(上場投資信託)

一般NISA、ジュニアNISAの対象

  • 上場株式
  • 株式投資信託
  • ETF(上場投資信託)
  • REIT(不動産投資信託)

公社債投資信託はNISAの対象ではないので注意です!

michi

4の補足

NISAは損益通算できません。

問29へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001