FP2級【学科】2020年9月【問9】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.9

奨学金および教育ローンに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.日本学生支援機構の給付型奨学金は、海外留学資金として利用することはできない。
2.日本学生支援機構の貸与型奨学金は、所定の海外留学資金として利用する場合を除き、連帯保証人および保証人による人的保証と日本国際教育支援協会による機関保証の両方の保証が必要となる。
3.日本学生支援機構の奨学金と日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)は、重複して利用することができる。
4.日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、外国の教育施設に3ヵ月以上在籍する資金として利用する場合は学生・生徒1人につき500万円である。

3が適切

1の補足

重複利用可能です。

2の補足

一般的には保証人及び連帯保証人のみです。

機関保証は『保証人を選べない』等やむを得ない事情が出た場合に変更可能です。

日本学生支援機構人的保証制度を参照

michi

4の補足

海外留学の場合は450万円までです。

問10へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001