FP2級【学科】2020年9月【問19】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.19

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.ガン保険では、ガンによる入院により被保険者が受け取る入院給付金については、支払日数の上限がある。
2.特定疾病保障定期保険は、保険期間中、特定疾病保障保険金の支払事由が発生せずに被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。
3.限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で限定告知型ではない一般の医療保険と比較した場合、保険料は割高となる。
4.更新型の医療保険は、所定の年齢等の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。

1が不適切

1の補足

がん保険の一つの特徴として、入院給付金に上限設定はありません。

他には免責期間90日が有名ですね!

michi

2の補足

設問の通りです。死亡保険金は特定疾病が原因でなくとも受け取れます。

特定疾病とはがん、急性心筋梗塞、脳卒中が対象です。

michi

3の補足

そもそも限定告知型とは、告知や医師の審査を必要とする医療保険に加入できなかった人が、なんとか加入するための保険なので割高になります。

4の補足

設問の通りです。

健康状態にかかわらず、更新前と同額の保障を続けることも可能です。

michi

問20へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001