FP2級【学科】2020年9月【問51】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.51

贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。
2.定期の給付を目的とする贈与は、贈与者または受贈者の死亡によって、その効力を失う。
3.負担付贈与については、贈与者は、その負担の限度において、売買契約の売主と同様の担保責任を負う。
4.死因贈与によって取得した財産は、贈与税の課税対象となる。

4が不適切

1の補足

設問の通りです。

ちなみに贈与は書面でなくとも口頭で成立します。

2の補足

設問の通りです。

3の補足

設問の通りです。

 

ちなみに負担付き贈与をシンプルに言うと、『これやるからその代わりにこれやってくれ』みたいな感じです。

例えば下記のように同種のものでなくともオッケーです。

  • 家やるからローン返済して
  • 家やるから介護して

どちらもOK

4の補足

不適切です。

死因贈与の場合は相続税の対象です。

問52へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001