FP2級【学科】2020年9月【問25】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.25

株式の信用取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.一般信用取引の建株を制度信用取引の建株に変更することができる。
2.信用取引では、現物株式を所有していなくても、その株式の「売り」から取引を開始することができる。
3.金融商品取引法では、信用取引を行う際の委託保証金の額は20万円以上であり、かつ、約定代金に対する委託保証金の割合は20%以上でなければならないと規定されている。
4.制度信用取引では、売買が成立した後に相場が変動して証券会社が定める最低委託保証金維持率を下回ったとしても、追加で保証金を差し入れる必要はない。

2が適切

1の補足

途中で変更することはできません。

2の補足

設問の通りです。

空売りのことですね。信用取引はハマりすぎると借金を背負う可能性があるので注意しましょう!

michi

3の補足

調べたところ30万円以上かつ、約定代金に対する30%以上が必要です。

4の補足

設問の場合、制度信用取引も追加保証金が必要です。

俗にいう追証ですね。FXのレバレッジ取引とかでコケると話題になるやつです。

michi

問26へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001