FP2級【学科】2020年9月【問47】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.47

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、議決権を行使すべき者1人を定めなければならない。
2.共用部分に対する各区分所有者の共有持分は、各共有者が有する専有部分の床面積の割合によるものとされ、規約で別段の定めをすることはできない。
3.建物を建て替えるに当たっては、集会において、区分所有者および議決権の各5分の4以上の多数による建替え決議をすることができる。
4.区分所有者は、敷地利用権が数人で有する所有権である場合、原則として、敷地利用権を専有部分と分離して処分することはできないが、規約で別段の定めをすることができる。

2が不適切

1の補足

設問の通りです。

共有者全員で1人の区分所有者として扱われ、議決権は1人分となります(区分所有法40条)

2の補足

不適切です。

床面積の割合によるものが原則ですが、規約で変えることはできます(区分所有法第38条)

3の補足

設問の通りです。

区分所有法の議決権について

必要議決権数 おもな決議
1/5以上 集会の招集
過半数 管理者の選任、解任
3/4以上 規約の設定、変更、廃止

大規模滅失による復旧

4/5以上 建て替え

細かいですが過半数は1/2以上ではありません。

  • 過半数→100人中51人以上
  • 1/2以上→100人中50人以上

michi

4の補足

敷地利用権と専有部分は原則分離できませんが、管理規約により変更可能です。

問48へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001