FP2級【学科】2021年9月【問22】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.22

銀行等の金融機関で取り扱う預貯金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ゆうちょ銀行の預入限度額は、通常貯金と定期性貯金(財形貯金各種を除く)のそれぞれについて1,300万円となっている。
  2. 大口定期預金は、1,000万円以上の金額を預け入れることができる固定金利型の預金である。
  3. 決済用預金は、「無利息」「要求払い」「決済サービスを提供できること」という3つの条件を満たした預金であり、法人も個人も預け入れることができる。
  4. オプション取引などのデリバティブを組み込んだ期間延長特約付きの仕組預金は、預金者が預入日以降に満期日を延長することができる権利を有している預金である。

4が不適切

1の補足

  • ゆうちょ銀行の預入限度額は、通常貯金と定期性貯金(財形貯金各種を除く)のそれぞれについて1,300万円となっている。

適切です。

○ お一人様通常貯金1,300万円、定期性貯金1300万円です。

○ 定期性貯金の預入限度額は、平成19年10月1日以降にお預け入れいただいた定期性貯金の総額と、平成19年9月30日までにお預け入れいただいた郵便貯金の総額を合算した金額です。

○ 財産形成定額貯金、財産形成年金定額貯金、財産形成住宅定額貯金については、定期性貯金の預入限度額1,300万円とは別枠で550万円まで預入することができます。

○ 振替口座には制限はありません。

ゆうちょ銀行よくある質問より引用

2の補足

  • 大口定期預金は、1,000万円以上の金額を預け入れることができる固定金利型の預金である。

適切です。

大口定期預金とは

契約者 個人、法人
預入期間 1か月~10年が一般的
預入金額 1,000万円以上(1円単位)

3の補足

  • 決済用預金は、「無利息」「要求払い」「決済サービスを提供できること」という3つの条件を満たした預金であり、法人も個人も預け入れることができる。

適切です。

決済用預金とは

決済用預金とは、①決済サービスを提供できること、②預金者が払戻しをいつでも請求できること、③利息がつかないこと、という3要件を満たす預金で、当座預金、無利息の普通預金、別段預金の一部がこれに該当する(預金保険法第51条の2参照)。

預金保険機構より引用

4の補足

  • オプション取引などのデリバティブを組み込んだ期間延長特約付きの仕組預金は、預金者が預入日以降に満期日を延長することができる権利を有している預金である。

不適切です。

仕組預金の場合、満期日の延長の権利は銀行側が保有していることが一般的です。

仕組預金とは

  • 定期預金にデリバティブ(金融派生商品)を組み込んだもの。
  • 原則として中途解約不可。それでも解約した場合は大きく元本割れの可能性があります。
  • 外貨建ての場合、預金保険の対象外になるものもあります。
  • 満期日の延長の権利は銀行側が保有しているのが一般的です。
  • 受取時の通貨の選択権を銀行側が持っている場合、円で払い戻しされない場合もあります。
michi
michi

そのまますぐに外貨→円貨にしてしまうと、為替相場次第では損をしてしまう可能性もあります。

問23へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001