FP2級【学科】2021年9月【問40】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.40

決算書に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 損益計算書の売上総利益の額は、売上高の額から販売費及び一般管理費の額を差し引いた額である。
  2. 損益計算書の経常利益の額は、営業利益の額に営業外収益・営業外費用の額を加算・減算した額である。
  3. 貸借対照表の資産の部の合計額は、負債の部の合計額と一致する。
  4. 損益計算書の法人税等の額は、貸借対照表の純資産の額に税率を乗じて算出した額である。

2が適切

1の補足

  • 損益計算書の売上総利益の額は、売上高の額から販売費及び一般管理費の額を差し引いた額である。

不適切です。

売上総利益の額は『売上高-売上原価(もともとの在庫+仕入れ)』です。


2の補足

  • 損益計算書の経常利益の額は、営業利益の額に営業外収益・営業外費用の額を加算・減算した額である。

適切です。


3の補足

  • 貸借対照表の資産の部の合計額は、負債の部の合計額と一致する。

不適切です。

貸借対照表において資産の部と一致するのは『負債の部+純資産の部』です。


4の補足

  • 損益計算書の法人税等の額は、貸借対照表の純資産の額に税率を乗じて算出した額である。

不適切です。

法人税等の額は、法人の課税所得金額に法人税率を乗じて算出した額です。


損益計算書の例

問41へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001