FP2級【学科】2021年9月【問45】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.45

都市計画法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. すべての都市計画区域内において、都市計画に市街化区域と市街化調整区域の区分(区域区分)を定めなければならない。
  2. 市街化区域については用途地域を定め、市街化調整区域については原則として用途地域を定めないものとされている。
  3. 土地の区画形質の変更が、建築物の建築や特定工作物の建設の用に供することを目的としていない場合、開発行為に該当しない。
  4. 開発許可を受けた開発区域内の土地においては、開発行為に関する工事完了の公告があるまでの間は、原則として、建築物を建築することができない。

1が不適切

1の補足

  • すべての都市計画区域内において、都市計画に市街化区域と市街化調整区域の区分(区域区分)を定めなければならない。

不適切です。

都市計画区域は『市街化区域』『市街化調整区域』『非線引き区域』に分けられます。

おもな都市計画区域

    概要
都市計画区域 市街化区域

すでに市街化している区域

10年以内に市街化を目指す区域

市街化調整区域 市街化を抑制すべき区域
非線引き区域 どちらにも指定されていない区域
michi
michi

このほかに都市計画区域に当てはまらない、『都市計画区域外』『準都市計画区域』があります。


2の補足

  • 市街化区域については用途地域を定め、市街化調整区域については原則として用途地域を定めないものとされている。

適切です。

  • 市街化区域→用途を必ず定める
  • 市街化調整区域→用途を定められない
michi
michi

市街化調整区域はそもそも建物を建てないための地域なので、用途以前の問題です。


3の補足

  • 土地の区画形質の変更が、建築物の建築や特定工作物の建設の用に供することを目的としていない場合、開発行為に該当しない。

適切です。

この法律において「開発行為」とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行なう土地の区画形質の変更をいう。

都市計画法4条12項
michi
michi

区画形質の変更とは下記です。

  • 区画の変更→道路、水路、公園などを申請、変更または廃止すること。
  • 形状の変更→盛土または切土によって土地の形状を変更すること。
  • 性質の変更→農地など宅地以外の土地を宅地にすること。

4の補足

  • 開発許可を受けた開発区域内の土地においては、開発行為に関する工事完了の公告があるまでの間は、原則として、建築物を建築することができない。

適切です。

工事完了の広告があるまで、原則として建築分を建築できません。


問46へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001