FP2級【学科】2021年9月【問17】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.17

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 普通傷害保険の保険料率は、被保険者の年齢や性別、職種による差異はない。
  2. 家族傷害保険では、記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となる。
  3. 海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間の事故によって被った損害を補償の対象としており、国内移動中の事故によって被った損害は補償の対象とならない。
  4. 国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震および地震を原因とする津波によるケガは補償の対象となる。

2が適切

1の補足

  • 普通傷害保険の保険料率は、被保険者の年齢や性別、職種による差異はない。

不適切です。

例えば職種などで傷害の発生率が違うので、保険料率も違います。

michi
michi

給付・反対給付金等の原則ですね 。


2の補足

  • 家族傷害保険では、記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となる。

適切です。

家族傷害保険の補償対象

  • 本人
  • 本人の配偶者
  • 本人または配偶者と生計を共にする同居の親族と、別居の未婚の子

3の補足

  • 海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間の事故によって被った損害を補償の対象としており、国内移動中の事故によって被った損害は補償の対象とならない。

不適切です。

家を出発してから家に帰るまで補償されます。


4の補足

  • 国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震および地震を原因とする津波によるケガは補償の対象となる。

不適切です。

地震を起因とする津波によるケガは特約付きでのみ補償されます。

傷害保険

  ケガ 病気 細菌性食中毒 地震・噴火・津波
普通傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険

〇・・・対象

✖・・・対象外

△・・・特約で対象

問18へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001