FP2級【学科】2021年9月【問19】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.19

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象となるが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。
  2. 先進医療特約で先進医療給付金の支払いの対象とされている先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣によって定められたものである。
  3. 限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で、限定告知型ではない一般の医療保険と比較した場合、保険料は割高となる。
  4. がん保険では、被保険者ががんで入院したことにより受け取る入院給付金について、1回の入院での支払日数に制限はない。

1が不適切

1の補足

  • 所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象となるが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。

不適切です。

ケガの場合も補償の対象です。

所得補償保険とは

保険金額 直近12カ月の所得の50%~70%
保険料 年齢、職業、保険金額、保険期間で決定
保険期間 1年などの短期が一般的
保険金を受け取れる期間 就業不能かつ最長2年が一般的
取扱保険会社 損害保険会社
所得控除 生命保険料控除の対象
保険金に対する課税 非課税
michi
michi

死亡や高度障害では保険金は受け取れません。また精神疾患やアルコール依存症なども同様です。


2の補足

  • 先進医療特約で先進医療給付金の支払いの対象とされている先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣によって定められたものである。

適切です。

先進医療特約とは

概要 先進医療の技術部分は健康保険適用外のため、その料金を保障するための特約。
保障範囲 治療を受けた時点で厚生労働大臣に先進医療として認可されていること。
特約保険料 月額数百円が一般的。

3の補足

  • 限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で、限定告知型ではない一般の医療保険と比較した場合、保険料は割高となる。

適切です。

種類 加入条件 保険料
通常の医療保険 告知項目が多い 普通
引受基準緩和型医療保険(限定告知型) 告知項目が少ない やや高い
無選択型医療保険 告知なしで加入できる 高い
michi
michi

限定告知型は通常の医療保険に比べて告知すべき項目がすくないため、保険料が高いです。。


4の補足

  • がん保険では、被保険者ががんで入院したことにより受け取る入院給付金について、1回の入院での支払日数に制限はない。

適切です。

michi
michi

がんによる入院給付金、がん手術給付金の支払い回数に制限はありません。

問20へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001