FP2級【学科】2021年9月【問16】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級学科試験の過去問の解説です。
【共通】

Q.16

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない特約は考慮しないものとする。

  1. 被保険者が被保険自動車を運転中に、ハンドル操作を誤って路上にいる自分の子にケガを負わせた場合、対人賠償保険の補償の対象となる。
  2. 被保険者が被保険自動車を運転中に、交差点で接触事故を起こしてケガを負った場合、被った損害額から自分の過失相当分を差し引いた金額が人身傷害(補償)保険の補償の対象となる。
  3. 海岸沿いの駐車場に止めていた被保険自動車が、高潮により損害を被った場合、一般車両保険の補償の対象となる。
  4. 自動車保険に運転者本人・配偶者限定特約を付帯した場合、被保険者の配偶者が運転している間に起こした事故により被った損害は、当該配偶者が被保険者と同居していることを条件として補償の対象となる。

3が適切

1の補足

  • 被保険者が被保険自動車を運転中に、ハンドル操作を誤って路上にいる自分の子にケガを負わせた場合、対人賠償保険の補償の対象となる。

不適切です。

被保険者の子供は対人賠償保険の補償対象外です。

自動車保険の適用範囲

  対人賠償 対物賠償 車両保険
飲酒運転、違法薬物服用時の運転
無免許運転
故意の事故
父母、子供、配偶者が相手
地震、噴火、津波
戦争、内乱、暴動
台風、洪水、高潮

〇→保険適用される、✖→保険適用されない


2の補足

  • 被保険者が被保険自動車を運転中に、交差点で接触事故を起こしてケガを負った場合、被った損害額から自分の過失相当分を差し引いた金額が人身傷害(補償)保険の補償の対象となる。

不適切です。

人身傷害補償保険は過失割合にかかわらず契約した保険金額を限度に実損分が支給されます。

人身傷害(補償)保険とは

  補償内容
概要 過失割合にかかわらず、保険金額を限度に実損額が保証される
対象者 本人、配偶者、同居の親族(別居の未婚の子も含む)
対象車種(自家用) 小型乗用車、普通乗用車、四輪乗用車、小型貨物車、軽四輪貨物車
補償外 重過失、酒気帯び運転、犯罪行為、自然災害などは補償外

3の補足

  • 海岸沿いの駐車場に止めていた被保険自動車が、高潮により損害を被った場合、一般車両保険の補償の対象となる。

適切です。

michi
michi

車両保険はエコノミー型と一般型とがあります。

一般型は地震、噴火、津波以外は補償されます。


4の補足

  • 自動車保険に運転者本人・配偶者限定特約を付帯した場合、被保険者の配偶者が運転している間に起こした事故により被った損害は、当該配偶者が被保険者と同居していることを条件として補償の対象となる。

不適切です。

運転者本人・配偶者限定特約おいては同居、別居問わず補償の対象です。

問17へ

FP2級試験(学科)2021年9月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001