FP3級【学科】2019年5月【問11】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.11

日本銀行の公開市場操作による買いオペレーションは、市中の資金量を増加させ、金利の低下を促す効果がある。

①正しい

設問の通り、買いオペレーションは資金量を増価させ、金利の低下を促す効果があります。

公開市場操作とは

銀行の資金量 金利
買いオペーレーション 増加 低下
売りオペレーション 減少 上昇

なぜ金利が下がるのかというと

  1. 各銀行にお金がたくさんある
  2. 銀行が運用しようとする
  3. 自分の銀行でたくさん借りてほしいから、金利を下げる

このような流れですね。

問12へ