FP3級【学科】2019年5月【問54】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.54

認定長期優良住宅ではない2階建ての新築住宅に係る固定資産税については、「新築された住宅に対する固定資産税の減額」の適用を受けることにより、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分に限り、床面積( ① )㎡までの部分に相当する税額が( ② )に減額される。

1) ① 50 ② 4分の1
2) ① 100 ② 3分の1
3) ① 120 ② 2分の1

3が正しい

固定資産税の減額については床面積120㎡までの部分に相当する税額が2分の1に減額されます。

 

間違えやすいポイント

 

住宅用地の課税標準特例(土地)

  • 小規模住宅地→固定資産税評価額×6分の1
  • 一般住宅用地→固定資産税評価額×3分の1

土地と住宅を間違えないようにしましょう!

michi

問55へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001