FP3級【学科】2019年5月【問15】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.15

2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1である場合、ポートフォリオのリスク低減効果は最大となる。

②誤り

リスク低減効果が最大なのは『-1』です。

相関係数
  • 相関係数1→同じ方向
  • 相関係数0→動きはなし
  • 相関係数-1→逆の方向

問いは同じ方向に行ってしまっているので、仮に価格が下落した場合は共倒れします。

つまりリスクは全く低減されていないので誤りです。

問16へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001