FP3級【学科】2019年5月【問10】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.10

自動車保険の人身傷害補償保険では、被保険者が自動車事故により負傷した場合、自己の過失割合にかかわらず、保険金額の範囲内で治療費や休業損害などの実際の損害額が補償される。

①正しい

設問の通り、実際の損害額が補償されます。

人身傷害保険とは

補償内容
概要 過失割合にかかわらず、保険金額を限度に実損額が保証される
対象者 本人、配偶者、同居の親族(別居の未婚の子も含む)
対象車種(自家用) 小型乗用車、普通乗用車、四輪乗用車、小型貨物車、軽四輪貨物車
補償外 重過失、酒気帯び運転、犯罪行為、自然災害などは補償外

問11へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001