FP3級【学科】2019年5月【問4】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.4

60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金は、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が28万円(2018年度の支給停止調整開始額)を超える場合、年金額の一部または全部が支給停止となる。

①正しい

設問の通り、60歳以上65歳未満の場合、28万円を超えると減額されます。

在職老齢年金の減額について

年齢 調整開始額
60歳~64歳 総報酬月額+基本月額が28万円を超えるとき
65歳~69歳 総報酬月額+基本月額が47万円を超えるとき
70歳以降 65歳~69歳と同じですが、年金保険料の負担はありません

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001