FP3級【学科】2019年5月【問45】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.45

金融商品の販売にあたって、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として元本欠損が生ずるおそれがあるときは、その旨および当該指標等について顧客に説明することが、( )で義務付けられている。
1) 商法
2) 消費者契約法
3) 金融商品の販売等に関する法律

3が正しい

消費者契約法→消費者が事業者の不正な勧誘行動により誤認、または困惑した状態で契約してしまった場合、取り消しが出来る法律。

商法→調べましたが3級試験対策外のようです。。

問46へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001