FP3級【学科】2019年5月【問34】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.34

中古住宅を取得する際に長期固定金利住宅ローンのフラット35(買取型)を利用するためには、当該住宅の購入価額が消費税相当額を含めて( )以下である必要がある。
1) 5,000万円
2) 8,000万円
3) 1億円

3が正しい

試験日時点では1億円ですが、2019年10月以降は無制限になっています。

フラット35の概要

  • 取扱金融機関で利率が違う
  • 固定金利
  • 返済期間は15年~35年
  • 保証人不要
  • 8,000万円まで融資可能

問35へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001