FP3級【学科】2019年5月【問57】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.57

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けることができる受贈者は、贈与を受けた日の属する年の1月1日において( ① )以上であり、その年分の所得税に係る合計所得金額が( ② )以下であるなどの要件を満たす者とされている。
1) ① 20歳 ② 1,000万円
2) ① 20歳 ② 2,000万円
3) ① 25歳 ② 1,000万円

2が正しい

直系尊属から住宅資金等の贈与

  • 20歳以上、所得金額2,000万円以下(床面積50~240平方メートルまで)

直系尊属からの教育資金の一括贈与

  • 30歳未満、所得金額1,000万円以下(贈与金1,500万円まで非課税)

問58へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001