FP3級【学科】2019年5月【問33】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.33

遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額および経過的寡婦加算額を除く)は、原則として、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の( )に相当する額である。
1) 2分の1
2) 3分の2
3) 4分の3

3が正しい

  • 遺族厚生年金→報酬比例部分の4分の3
  • 遺族基礎年金の寡婦年金→老齢基礎年金の4分の3
  • 出産手当金→支給開始日以前の12か月間の各月の標準報酬月額の平均÷30の3分の2
  • 傷病手当金→支給開始日以前の12か月間の各月の標準報酬月額の平均÷30の3分の2

ココはうろ覚えが多いので注意です(私だけかもしれませんが。。)

ちなみに本番でも間違えました(笑)

michi

問34へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001